トンパのやっぱりナンパブログ!

童貞からナンパを初めて100ゲット手前まで来たサラリーマン!現在は仮想通貨にもどはまり中\(^o^)/

【人のシッパイを笑うな】新宿靖国通り店HUBでナンパして男にオコラれてみた夜の話はもうしたっけ? 

連日Twitter即報で騒がせる性問題は恋愛において長けた人たちの高貴な遊びなんだと思う。ナンパ目的で街にでて待てど暮らせど即のカケラもない。


ブログを引っ越しして3ヶ月半ば。まだまだ生まれたてのDTレベルのブロガートンパです。顔にトンパの要素一ミリもない。なんなら童顔地味顏しかも、ジュニアはミニマムていうギャップのかけらもない、しかし僕の長所で自分の武器だと自覚してここ数年なんとかヤッてきてるっていうか。

 


ほんと、街にでなくなると、都合のいいとき遊ぶに遊べる女がいない。もしもーし、ここに都合のいい男(独身 性に前向き)がいますよーつって「ブラジルのみなさんこんにちはー!」くらいの気持ちで叫びたい。花金のコリドーで叫び倒したい。

 


引っ越ししたからブログ書きたいなーっと思うけど、僕のネタは渇いてて執筆どころの騒ぎではない。

 

 

女ネタがない日常に一石投じたくて友達の里四さん、トンボさん、のりたま、でぃんでぃんに付き合ってもらって行ったよね、新宿の靖国通り店HUB。バレンタイン寂しい女性諸君、都合のいい男通りますよつって。僕がのりたまだ!って言わんばかりに歩いたよね。オールで即った後、心地いい朝日を感じながら歩くナンパ師みたいに。

 


22:00のHUBのすみっこで「バレンタインなのに女の子ふたり?」って声をかける。ここまで来て誰もナンパせずに帰ってくるのがオチ的にオモロくね?くらいに思ってたのに早々にビンゴ。さすが新宿HUB!アッパレや。

 


タイミングは絶妙に微妙だった、女の子2人組かと思ったら男連れで、トイレで怒られたよね。だからバカなフリして「ぐへへ」って平謝り。


f:id:tmp-np:20170215110349j:image

でも戻る途中に何で怒られたの?おかしくね?って思って。ならしたよね、首の骨。
(許さない)

 

 

僕が「男しょーもな!器ちっさ!」聞こえるように不満をぶちまけてると、一緒にいるみなが大人で店を退出。そのまま路上でナンパする事にしたよね。

 

僕がもしあのまま店いたら
HUBに連れてくる時点でおかしくない?ナンパされるとこだよ?しかもお前たちいたからすぐに引いたじゃん!
って小一時間問い詰めた後にブログに書いてるとこだけど、
(基本平和主義です。)

 

 


路上につくけども、まだ引きずる僕。
Twitterに投稿。


返信を気にしながらナンパしていると、沢山のリプやらいいねやら!
「ほ〜れほれ」と言わんばかりにみんなに見せびらかす。


(リプやらいいねやら構ってくれた皆様本当に本当にありがとうございました。 )

 


ちょっとしたエンペラータイムに入っていた僕は「声かけてくる!」って普段ナンパの時では発揮しない積極性でガンシカからバンゲしてみせたよね。この頑張り、なんならみんなに見せたい。

 

 

 

帰宅中Twitterのリプをみてみんなに丁寧に
リプを返す。

 


「ぐへへ」っつて、人を陥れた時の顔の作り方を1万年と2000年ぶりに思い出したよね。
Twitterであいつボコボコにしてやった!)

 


今まで「あいつ
しょーもない」って沢山いったけど、

あれ…ぼくも… ?

 

 

脳裏をよぎる((あいつ、しょーもな…))

 

 

もしかして、もしかしてですか。
冷静に考えると相手より僕の方が…。

 


想定外の僕の冷め具合に、その感情を拒否するフリしつつも再開。なんならブログでもボコボコにしてやろう。一度やられた恨みはわすれないつって。

 


「沢山愚痴を書いてると」怒りが収まってくる不思議。

 

 

全てが終わってから「里四さんから
女の子が「あの人すぐ怒るので気にしないでください。すみません。」」って言われました!って話を思い出す。しょーもない男にいい女は捕まってしまうんだなって思った。

 


そんな一期一会の相手をTwitterとブログで
ボコボコにした僕ですが、最後言わせてください!

 


声かけて悪かったな!
Twitterとブログでボロクソいってやったぞ!
しょーもない男!

 


一番しょーもない男は僕でした。

 

--------------

ここまで読んでもらった方はわかると

思いますが某記事をまねて書きました!

 

 

 【人のセ○クスを笑うな】銀座コリドー街でナンパ師にヤラレてみた夜の話はもうしたっけ? 

mtrl.tokyol

引用元

 

読んでいただき

ありがとうございました!