読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コスパ追求師トンパのナンパブログ~notナンパ師~

童貞からナンパ始めてもうすぐ100ゲットまできてしまった普通のサラリーマン(一般人)による。ナンパブログです\(^o^)/

Attack on WTmp

その日、トンパ達は思い出した。
のりたまに支配されていた恐怖を。
のりたまの魅力に囚われていた屈辱を。

僕らトンパとトンパーヘッド
二人なら、のりたまにすら負けないと思っていた。

 

決戦当日。

 

飲み会。
トンパーヘッドが言った。
のりたまさん前会った時、髪型
変でしたけど、今日はかっこいいですね。

 

ディスるつもりでいってるのではなく、
素直に思った言葉なんだと思う。

(笑)


その後
エロ子、普通子
がコリドー街を歩いていたので、
声かけて居酒屋に放り込んだ時から
僕らの戦いが始まった。

 

居酒屋でゴングがなり
1人のりたまBar劇場開演。

 

さすがコリドーの主
女の子は楽しんでいるようだ。

 

僕らは…

(口数少なめ)

 

時刻は23時半!
居酒屋をでた。

 

僕は独自の調査により
この二人は即系と調査済みだった。

 

トンパーヘッドという僕の分身が東京に来ているのだから、
行くならタマホーム一択!

 


f:id:tmp-np:20170317174421j:image


即らなきゃダメなんだ。

 

トンパ
「居酒屋いくならタマホームでのも!」

 

女の子二人
「いいんですか?」

 

スムーズに
タマホームに移動。

 

タマホーム到着。

 

お酒を飲みながら
会話が始まる。

 

ここでも始まる
1人のりたまBar劇場

 

僕らは…

(のりたましか喋ってない)


若い子達ってのもあり
素直にのりたまの話を聞いていた。

(下ねたのハードルも下がってた)

 

その時僕は
(早くエロいゲームしたいなー)
っと思っていた。

 

女の子のエロいい話に花が咲いた

 

エロ子の性事情
・バイト先で5人モグモグした結果ヤバイヤツと話題になってるとの事
・いやいやって言いながら押し倒されるのが萌える
・濡れやすい
・経験人数20人以上
・トイレでしたのが萌えた

 

普通子
・経験人数3人

 

 

そして
時はきた!

 

そう、買い出しセパ。

 

わざわざ来てくれたトンパーヘッド氏に

なんとしても即ってほしい!

僕らの望みを託しいけそうな子と買い物いってもらう。

 

先行
トンパーヘッド
vs
エロ子

 

(僕は彼ならやってくれると信じてた。)

 

 

その場に残された

のりたま
普通子

三人であの人達はせっしてくるかな?
を予想してトークをする。

 

のりたまの予想
何もしないで帰ってくる

 

のりたまは知らないのだ。


彼は前回、華麗なセパからタクシーに
相方をのせ彼だけ即ったという実力者である事を。

 

僕は絶対に即ってくると信じてた。


僕とのりたま、普通子
二人の帰りを待つ。


エッチして待ってたら面白いかも?
どうみち二人もスッキリして帰ってくるしさ!
っとむちゃくちゃな提案をする
のり良さそうに答える普通子!

 

いけそー!
後少し!
後少し時間があればできる!

 

 

ガチャ

 

 

思いのほかすぐに
二人は帰ってきた。

 

トンパ
「ちゃんとトイレでしてきた?」

 

エロ子
「してないw」

 

そんなばかな。

 

トンパーヘッドはあろうことかキスすら手つなぎすらしてない状態だった。

 

気を取り直し

今度は五人でゲームを始めた。
女の子同士のキスから始まり


後攻

のりたま
vs
普通子

 

隣の部屋でキスをして帰ってくると言う
簡単なゲームを提案した。

 

10秒のはずがしばらく帰ってこない!

 

(のりたまはしっかり仕事をしていた)

 

僕とトンパーヘッド
エロ子で耳を澄まして音を聞く

 

(パンパンパン)

 

(ドタドタ)

 

(ピチャー)

 

完全にやってる!!!

 

僕らもやろうとエロ子をベットに
どーーーん

 

僕は右
ヘッドは左
の乳首を、せめる!

開門まで後少し!


いける!

 

エロ子
「今日女の子の日だからできない」

 

僕は女は嘘リーセで回避する事を知ってる。

 

しかしこれは
ガチリーセだった。

 

即への扉がバタンとしまった。


ここまできてリーセなんて(´・_・`)


泣きながらペロペロしていると

のりたま達がこっちに戻ってきた。

 

そして報告をうけた。

 

即ったという事についてっと
してる最中にリーセきたという
とても残念な知らせだった。

 

うわあああああああああ

おわった。
完全に終わった。

 

二人組二人ともリーセなんて。


意気消沈子。就寝。

 

この後はベット上で
1人のりたまBar劇場が開催されておりました。

(女の子に挟まれて寝ること。)

 

僕らトンパ達は最後の抵抗で

普のエ
通りロ
子た子
 ま

 

川の字で寝てたので

普通子の上からトンパーヘッド
エロ子の上から僕が被さる形で
最後のプチ乱れ。


おっぱい柔らかい

発射できない悲しさを残しつつfin\(^o^)/


戦績結果

 

のりたま
普通子 即
エロ子 フェラーリ

 

トンパ
エロ子 キス もみもみ

 

トンパーヘッド
エロ子 キス もみもみ
普通子 キス もみもみ

 


女の子の食いつきはのりたまに
だけあったかと言われたら疑問だ。

 

みんなにまんべんなくあった。
はず。。。だと思いたい。。。


その日、トンパ達は思い出した。
のりたまに支配されていた恐怖を。
のりたまの魅力に囚われていた屈辱を。

 

トリオナンパの結果Wtmpは


f:id:tmp-np:20170317173805j:image

 

そして
始発で帰る僕とヘッド氏

 

トンパ
「いけると思ったのにリーセかあ
もっと早く勝負かけてたら片方はいけたかもね!」

 

トンパーヘッド
「ですね!」

 

トンパ
「タマホーム入ってから最初の話長かったよね?(笑)」

 

トンパーヘッド
「僕も早くゲームしないのかなって思ってました笑」

 

電車に乗り
のりたまからLINEピコーン


f:id:tmp-np:20170317173823j:image

トンパーヘッド
「これって、さっき長いって言ってた話ですか?w」

 

トンパ
「それだね(笑)」

 

トンパ&トンパーヘッド
「ゲラゲラ」

 

最後に握手してお別れしました!

 

おしまい。

 

 

ps

のりたまのロジカルトークのレベルがあがってた事に驚きw

 

今回かなりいい感じだった、ちょっと話ながかったけどもよかった🙆

 

トンパーヘッド氏とは会うのは二回目なのに一緒にナンパしてて落ち着く\(^o^)/

 

辺に緊張もしないので、とてもやりやすい\(^o^)/

 

またトリオでも何でもリベンジしましょー\(^o^)/